京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

これからの日本の生きる道を考える

今日夜のテレビ番組で、「日本の生きる道」というテーマで

放映されているのを見ました。

宮根さんと滝川クリステルさんがメインキャスターの番組です。

見られた方もいらしゃるでしょう。


今や経済産業省の一大施策として取り組まれている

『クールジャパン』… (ゲストの泉ピン子さんが

クールビズと間違ってましたが...)

意味合いはかっこいい日本ってとこでしょうか。

今はアニメやキャラクター、j-popアイドルなどが対象で

特にバーチャルアイドルの『初音(はつね)ミク』は

“リアル”に商機 関連消費100億円超 とまで

なってます。他に萌え系メイドのコスプレも

大人気だそうです。


結論として言いたかったのは、日本人があまり認識していない

コンテンツビジネスに日本の大きな資産が眠っており、

その一部が噴出し始めたと言うことでしょう。


以前麻生元総理が漫画ミュージアムを提唱されておられたこと

は記憶に新しいでしょう。

今思えばそれも非常に有効な政策だったと言えます。


だけど私は漫画やキャラクターだけが全てではないと

思っています。


これから中国をはじめとするアジアの経済発展に

必須の日本の最も重要な資産があります。

このコンテンツをいかに効果的に輸出していくか

私は考えています。

そうです。私の研究テーマである『企業継続』

京都100年企業研究会のノウハウそのものです。


企業は利益を上げるだけではダメです。

長く続けて従業員にも地域にもそして国家にも

貢献できる企業が増えなければ意味がありません。


その意味で国際貢献ができれば私は本望だと思っています。





ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村









中国CCTVの放映はどうして観る?

先月の11日から4日間に渡り、中国のCCTVの取材を受けた話は

以前このブログでもお話しさせていただきました。
-------------------------------------------------------------

放送局の莫(モー)ディレクターによると、今月20日頃から

中国で夜の時間帯に3日間連続で放映されるとのことでした。


当然日本のテレビでは見れないので、CCTVのサイトで

アーカイブ(過去の放送を動画ファイルで観れるもの)

により観れるとのことでした。


CCTV-2チャンネルで放送するとこまでは聞いたのですが、

当該チャンネルのサイトを観てもよく分かりません。
------------------------------------------------------------

もともと中国語は全く未知の言語ですので、

京都の老舗中小企業における財務・資金調達の内容が

どのような表現でされているかについても分かりません。


そのうちDVDを送ってくれると言っていたので

届くのかなと思っていますが、それもいつになることやら。


なかなか海外メディア特に中国のマスコミは

よく分からないですね。 
---------------------------------------------------------------

CCTVで検索すると、他の企業も同様のテーマで

取材されていたので、番組としては実在するのは

確かだと思いますが、この目で実際の映像を観るまでは

実際のところどうなっているのかよく分かりません。


また莫さんに確認してみます。

また情報があればお知らせします。
--------------------------------------------------------------

なにか「ひろせ総研」、「平八茶屋」、「南禅寺瓢亭」

「中村軒」、「高蔵」、「京都100年企業研究会」等の

キーワードがCCTVのサイトでみかけられましたら

ご一報いただけると嬉しいです。

ではまた。

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------


ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村


中国CCTVの取材を受けて感じたこと2

前回に引き続き、CCTVの取材について…


私が感じたところでは老舗の強みはそうした状況にもしっかり

出ており、次の3つに集約されるように感じました。

_甬遒らの資産の蓄積である不動産をしっかり持っていて

それが担保となり、副収入となっているパターン。

∀景泪屮薀鵐鼻経営者の信頼度、長期的ビジョンと計画書

こうした目に見えない無形の資産が銀行に対する絶大なる

信頼となって、多少の資金難にも銀行は見放すことは

なかった。

2燭茲蠅蘯分の器以上に企業を拡大しようとはしない

謙虚さがバブルなどに踊らされずに現在に至っていると

考えられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の老舗の中には大変な苦難、経営危機を迎えたところも

有りましたが、周りの方々の支援を受けることができ、

再度新規事業に取り組み、再出発されたところも有りました。

これもまた、昔からの信頼、信用がそうした支援を呼び、

再チャレンジのチャンスを与えてくれたということでしょう。



中国の放送内容、またその反響がどのようなものかを

楽しみにしております。

おそらく年内のどこかで放映されるということ

ですので、放映されればリンクをはって皆様にも

お知らせいたします。

3〜5分の特集が3〜4本流されるようです。

乞うご期待!!






ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

中国CCTVの取材を受けて感じたこと

2週間ぶりのブログアップとなりました。

1週間マルマル空いてしまったのには少し訳があります。

先週の週末、私のフェイスブックでも書いていましたが、
https://www.facebook.com/kyoto.shinise.study

11/11〜14まで中国の中央テレビ局(CCTV)が

私の主宰します京都100年企業研究会を通じて

京都の老舗を取材されていました。

それにつきっきりで応対していたため、結構バタバタと

忙しくしておりました。すいません。

その分今日と明日で書かせていただこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の取材は中村軒様の企業訪問セミナーの取材から始まり、

山ばな 平八茶屋様に朝の6時から卸売市場での仕入に

同行、会長のインタビュー、調理風景、婚礼の準備

と取材させていただきました。

そしてこれは飛び入りだったのですが、

研究会に参加されていた会員の徳泉堂様の工場見学へ

参りました。

100年以上前からお線香を作られていて、100年以上前の

木製の機械で製造されている珍しいお香屋さんです。

(会員の特典ですね)

そして独創的な染物で今度寺町仏光寺上るにショップを

出された 高蔵様のショップの取材に続いて、京丹後の峰山町

にある工房にも訪ねました。往復4時間以上の車での移動でした。

染めの実演もしていただき、中国クルーも大変感慨深げでした。

最後は南禅寺の瓢亭様にお伺いし、後継者の義弘様に

インタビューをさせていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように書きますと、中国の放送局がなぜ京都の老舗に

興味を持って取材に来たのか、全然わからないかもしれません。

実は今回のテーマは、中国も北京オリンピック後不動産バブルが

弾け、資金難に陥る中小企業が続出しているとのこと。

そこですでにバブルを味わった日本の中小企業のなかで

そうした試練を何度も潜り抜け生残ってきている老舗に

ターゲットを当て、特に老舗のメッカである京都にある企業へ

資金面の対応について聞きに来たというわけです。

よってインタビューの質問内容は危機に瀕した時の

資金繰り対策でした。


次に続く・・・・



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村




東日本大震災の現場に立って

7月の22日から24日まで2泊3日で被災地の宮城県南三陸町にある

阿部長商店様へボランティア講演に行ってきました。


現地の状況、被災者の方々の声、生活の様子、そして我々コンサルタントに

何ができるのかを確かめに行ってきました。


まず最初仙台空港に降りて空港ロビーに貼られていた写真が次の3枚です。



大津波の当時の凄まじさが伺えました。


次に講演の前後に被災された現場を車からでしたが、見ることができました。

ガレキの山があちこちに残っており、現地の方に復興の見込みは

いつ頃でしょうか。と尋ねても首を横に振るばかりでした。



ビデオでかなり撮ってきましたので、機会があれば上映会を場所を変え

やってみたいと思っています。その時に現地の方の切実な思いも

お話出来たらと思います。



次に阿部長商店様での講演セミナーの模様です。

同行していただいたヘイ・オン・ワイ代表の森敬典さんのセミナーで

私が住みたい家を描く場面が有りました。若い社員の絵を

見てください。将来宮城県が復興し自分の家を持つとしたら

こんな家と大変、夢一杯の絵を描いてくれました。

心はもう前を向いているようでした。

我が家我が家




受講されていた新入社員の方々です。仕事がないときは毎日8時間研修を

受けなければなりません。自分のためとはいえ、かなり大変だと思います。

それでも元気一杯の様子が嬉しかったです。

明るい新入社員




私の講演セミナーの目玉は2つありました。

一つは京都老舗の継続の秘訣を具体例をもってお話し、

これからの会社再建に向けて前向きな意識を持っていただこう

というものでした。

もう一つが、各人の人生を企画しましょう。ということで

一人ひとり人生企画書を書いていただきました。

いわゆる人生の計画書の作成です。

過去の出来事を振り返り、今の自分の反省点と改善点を自ら考えて

なりたい自分に向けて20年から50年(各自の年齢による)の

目標、行動を考えていただきました。次がその模様です。

人生企画書人生企画書

今まで自分の将来なんて具体的に紙に書いたことのない若い方から

第二の人生に向けてどうしていけばよいか思い悩んでおられるベテランの

方々まで皆で一緒に将来を考えていただきました。

今日一日は現実の辛い状況から解き放たれて、明るい未来を思う、

そんな一日になり、そして昨日までの自分と違い将来の夢にむかって

一歩一歩歩き出せる自分になってもらえたら、そんな思いで行った

講演セミナーでした。


従業員の皆さんにとって有意義な一日であったと思ってもらえたら

私どもも至上の喜びです。


同行し、一緒にセミナーをしてくださった森さんに感謝。

阿部長商店の女将をはじめ、事前準備等のお世話をいただいた小野寺さん

当日大変お世話になった伊藤さん、小松さん、その他の沢山のスタッフの

皆さん、本当にありがとうございました。

また機会があればお伺いしたいと思います。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村




 | HOME |  »

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks