京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

京都の桜を観て想う

4月の3日京都はいいお天気に恵まれ、あちらこちらで桜が満開に
なりました。

家族で散歩がてら出かけた疏水(京都市山科区安朱地区)でも
見事に桜が咲いていました。

山科区の疏水の桜


ここは桜と菜の花が同時にピークを迎え、その色のコントラストは
桜だけの花見以上に心に響く気がしました。

桜と菜の花の競演


その後少し足を延ばして、坂を登ると毘沙門堂があります。
http://www.kadode.com/bisyamondou.htm


毘沙門堂のしだれ桜


桜はその木全体を愛でて愉しむ感がありますが、1つ1つの花びらに
注目してみるとそれはそれで表情があり、笑っているような花びらも
あります。

桜が笑っているね




環境問題で温暖化が取り沙汰されていますが、春のこの時期に桜が
満開になっている風景をみると、少しほっとします。

この景色を100年後の子供たちにも見せてあげることは、現代に生きる
我々の責任であり、そのための努力は怠るべきではないと思います。

企業も人も環境もその継続には一定のルールを守ることから始まるのでは
ないでしょうか。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks