京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

中京大学大学院ビジネスイノベーション科の研究会参加

先週1週間丸々このブログをお休みしてしまいました。

仕事も立て込んでいたのですが、
それ以上に新しいビジネスユニットの思考で
時間を費やしてしまいました。

またこの件は発表できる段階に来れば
ここでもお話したいと思います。


話は変わりまして、先日今となっては最終学歴と
なります中京大学大学院ビジネスイノベーション科の
担当教授と卒業生(中小企業診断士のみ)による
研究会第2年度目の初回に行ってきました。

久しぶりにお会いする方もいて、近況報告を兼ね
沢山の話しました。

書きたいことはたくさんありますが、私の仕事の関連ということで
何故今回この研究会に参加してみようと思ったかを少し
お話したいと思います。

今回の研究会のテーマは、担当教官である加藤教授の最新著作
「日本的経営とリーダーシップ」からコンサルスキルを学び、
自身のコンサルティング能力の向上に努めようというものでした。

ここでも何度かお話していますが、私のコンサルティングテーマが
京都100年企業から継続の秘訣を学び、100年企業を目指そうという
経営者に具体的に提案、支援しようというものです。

日本は世界でも断トツの老舗企業大国であることは、ここでも
またHPでも申し上げた通りです。
http://www.douzoku.info/


企業の本質的命題がゴーイングコンサーン(企業継続)であることと
考えれば、老舗企業の継続ノウハウそのものが日本的経営を表すのでは
ないかと思います。

アプローチの違いだけであって、その本質は同じところになるのでは
と思いました。

そのことからお互い情報交換をし、共通部分と相違部分どのように
なるのか、非常に面白いコラボではないかと思います。

また特筆すべきことが出てくればご紹介しますね。

ではまた。

ちなみに私も本日twitterなるものに登録しました。
世間では賛否両論あるようですが、やってみなければ
分からないこともあると思い、挑戦しました。
ただどうすればよいのかもう一つ理解していないので
また研究の日々です。
ユーザーネームは bobyusaku ですのでフォローしていただける
方はぜひお願いします。






ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks