京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

本シェルジュのおすすめ書籍

私が所属しています、中小企業診断協会が発行している月刊会報誌に
大変興味深い記事が掲載されていましたのでご紹介いたします。

タイトルにも挙げました「本シェルジュがすすめるー診断士に
読んでほしいこの一冊」という特集です。


本シェルジュとはご推察の通り、
コンシェルジュ(ホテルなどで顧客の要望・案内に対応する
総合世話係)をもじって、若手診断士や経営者の悩み
解決にぴったりな本を紹介する人のことを言います。


実は37冊の本が紹介されていましたが、私は早速そのうち22冊を
ピックアップし、またそのうち11冊をAMAZON.comで注文しました。

読後に感想をここでも取り上げていきたいと思っています。


縦軸に理念、戦略、戦術
横軸にやる気、知識、行動をとり
マトリックスで表にまとめてありました。

先ずは理念(考え方)とやる気及び行動の分野で面白そうなものを
読んでみようと思っています。

・鏡の法則〜人生どんな問題も解決する魔法のルール 野口嘉則(著)(2006/5/23)
・CHANCE−成功者がくれた運命の鍵 犬飼ターボ(著)(2009/11)
・エンゼルバンク(1巻〜12巻、以下続巻)三田紀房 ドラゴン桜の社会人版
このへんから読んでみます。

これらの書籍を紹介されている診断士の方々は年間100冊以上,
中には160冊という方もいて、その中からのお勧めですから、
かなり期待していいかなと思っています。

読書の秋はまだ早いですが、電子書籍がちまたで話題になっている
ことも考えると読書に関する需要はまだまだ増加していくように思います。

中身の充実に最も有効な手段ではないでしょうか。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks