京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

経営理念とはどうあるべきか・・こんなんどうです

経営理念がなかったので、ちょっと考えてみました。
と言って、全宇宙をも包み込むような大きく優しい
経営理念を考えられた方がいました。

自分でも納得し、これが自分の経営理念だと
心底言える。
そんな経営理念が様々な意思決定の場面で
判断基準となっていくようになれば
本物ですよね。

そこで、人が物事を判断するときに、
何を基準にして行うかと改めて考えてみました。

一つ具体例を挙げてみます。

「お客様とのお約束で、待ち合わせ場所で待って
います。
そこにお客様から携帯に電話が入り、
電車が遅れていて30分以上遅れそうだ、とのこと。

1時間後には別のお客様との約束が入っています。
30分なら話をダイジェスト版でお話すれば、
何とか次の約束に間に合うだろう。

しかし40分以上遅れると、先のお客様にも
中途半端な説明になるし、
次のお客様にもご迷惑をかけてしまう。

あなたならどうしますか?」


,客様の重要度で判断し、一方をキャンセルし、
お一人のお客様に集中する。
(ここで言う重要度とは今進んでいる商談の
大きさで、これをクリアすることで
今期のノルマがどの程度達成できるか
の度合いとします)

遅れるお客様には申し訳ないが、きちっと
待っていただいている後のお客様を尊重し、
先のお客様に時間の変更、または日程変更を
告げる。(重要度は加味しない)

先のお客様の対応時間を短くするとともに、
次のお客様にも多少遅れることを告げ、
両方のお客様に対応する。

これだけが答えではないと思いますが、
基本的に判断の基準を

―斗彭挈ダ茘∪萍麝ダ
折衷案(両方に融通を利かす)

とした場合は以上の選択肢になるかと思います。


経営理念のない(判断基準を持たない)社長は
,任靴腓Δ
目先の損得で判断しています。


日本人的判断基準を持っている方は
でしょうか。
「三方よし」を勘違いしているのか
「和を持って尊しとす」を和合と誤解しているのか。


老舗の社長に聞くと△氾える方が多いのです。
信用を信用でもって応じる姿勢といいましょうか、
一本筋が通っていると感じられる経営者です。

この辺に経営理念の存在意義があるのでは
ないかと思います。

皆さんはどう思われます。

私は△任△蠅燭い半錣某瓦けています。
その通りにはいつもはなりませんが・・・





ご協力お願いします。↓

ブログランキングのブログん家


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村


 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks