京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

今日は記念すべき日です。このテーマでの100回目です。

100年超継続企業支援コンサル というテーマで
今回がちょうど100回目となりました。

お読みいただいている皆様のお陰と本当に
感謝しております。

そんな今日は実は息子の小学校卒業式でもありました。
ついこの間、小学生になったと思っておりましたが、
それなりに男らしく、身長も伸び、成長しました。

私もコンサルタントとして特化して始めたのは
まだまだ日が浅く、勉強勉強の毎日です。

つい先日も講師のやり方のレクチャーを聴かせていただいたり、
「こうすりゃセミナー講師ができる」というセミナーを
聴かせていただき、なるほどと思うことが数多くありました。

これまで人前でお話する機会は数多くありましたが、
できていないことが多く、反省の毎日です。

聞いていただく方々のことをもっと理解し、分かりやすい、
また聴きたくなる講義、セミナーをしていくために
次の3つを心掛けようと思います。

_燭鯱辰気覆いを決める。
高低の差のある山(テーマ)を3つに絞り、
それ以外のことは話さないことにする。

∪爾通る話し方に気をつける。
腹式呼吸を意識し、マイクなしでも隅々まで届く
話声を意識して行う。

J垢手が緊張しない場の雰囲気づくりを行う。
聞き手同士で名刺交換してもらったり、共通話題を
探してもらったり、会場の全員が仲間意識をもてる
雰囲気づくりを行う。

自分自身としては常に笑顔に徹することが大事だと
教えて頂きました。

全て基本的なことだと思いますが、非常に重要なことです。

プロとしてこの仕事を選んだからには、プロ意識を
常に持ち、基本に忠実でありたいと思います。

100回目の記念にあたり、自らを励まし、律したいと
考えました。

今後とも皆様のご支援よろしくお願いいたします。


また、このブログの更新情報をメールでお知らせしております。
ご希望の方は hayashi@hiroses.co.jp までその旨、及び
送信先メールアドレスをご連絡下さい。
登録させていただき、次回より発信させていただきます。

いただきましたメールアドレスはブログの更新情報や
セミナー情報の発信以外に他の目的で使用することはございません。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村


ますます状況が悪化してきた東日本大地震をみて

全くひどい状況です。

ニュースは被災者の言葉を伝えようと必死です。

各国からの支援部隊が続々現地入りし、捜索活動、瓦礫整理など
やっています。

原発が恐ろしいことになってきました。

致死量の放射能も観測されたとか。

今4号機まで危機的状況になっています。

しかし福島の原発基地にはまだ5・6号機もあります。

いかに前向きに考えようとしても、被災者の方々には
明るい材料が見えないでしょう。



それに対して西日本では、本日京都の公立中学の卒業式で
華やかに着飾った親子が楽しそうに歩いていました。

鹿児島までの新幹線開通のお知らせがありました。

観光客も減少するかと思いましたが、今日でも新潟からの

観光客が京都の銘菓 八ツ橋を買いにこられていたそうです。

おおむね無事に確定申告も終わり、打ち上げをしていました。



所変わればといいますが、おそらく天と地のほどの差があります。

テレビを観て、かわいそうにね、気の毒にねと

人があえば必ず言葉に出ますが、やはり人事なのでしょう。


確かに義援金ぐらいのことしかできず、何もできないと言った方が

正しいかもしれません。


究極その立場になって初めて知る苦しみ、悲しみがあると思います。

阪神大震災で被災した人でも、今回の地震は津波という大きな災害が

加わりましたので、実際のところ実感は沸かないかもしれません。


私も何もできません。

ただ今自分がすべきことをしっかりと着実に行いながら、

日々暮らしていくことしかできません。


一日も早い復興を祈るばかりです。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

100年企業研究のご縁

今回のブログが98回目になりました。

もうすぐ100回を迎えます。

今回より3回はこれまでを振り返り

感謝と自戒を述べさせていただきたいと

思います。



さてこの100年企業研究会を初めて

(前身は中小同族企業の事業承継をテーマとしていました)

3年を迎えようとしています。



テレビの収録の中でも話はしたのですが

(見事カットされましたが)

元々は現在減少しつつある中小企業に

(開業率より廃業率の方が上回っていることが

その根拠となっています。)

何とか復活の支援が出来ないかということから

始まった事業でした。



後継者不足が主な原因です。

それも単に少子化の影響で継ぐべき子供がいないというより

子供が親の事業に魅力を感じておらず、

継ぎたくないというのが真の原因です。



そこで魅力ある企業とするためにはどうすれば良いのか

を考えたとき、京都には100年を超える老舗が数多く存在する

ことを思い出しました。



15代とか21代とか続いている京都の老舗に

ついて調べますと、特に企業規模を拡大し、

上場を果たした企業は少なく、

どちらかといえば家業をしっかりと守ってこられた

企業が多いことに気がつきました。



その継続の秘訣は何であろうというのがこの研究会を

発足させた大きな動機でした。


初めは、京都の老舗の一見さんお断りの大きな壁にも

弾き飛ばされ、この事業の難しさを実感することも

度々でした。


ただ一度親しくなると心を大きく広げていただき

その寛大なご対応に感謝する日々もございました。


そんな中、こうした取り組みが地元の京都新聞や

今回は全国ネットのWBSに取り上げていただき

この事業の大儀を感じざるようになりました。


この事業を通じて様々な方との出会いもいただきました。

老舗の社長様、研究会へご参会いただいた企業経営者、

後継者の方々、私をいつも支えてくださるブログの読者様、

また専門分野でご助力いただいている専門家の皆様、

数え上げるときりの無いほどの多くの方々とのご縁を

感じながらここまでやってきました。


しかしまだまだやるべきことは山積しています。


これから私がご恩返しをしていくときと思っております。

今後ともこの事業活動にご理解いただき、ご協力を

お願い申し上げます。


3/18(金)に京都100年企業への訪問セミナーを
間近にひかえております。

ご興味をお持ちの方は以下のサイトより
お申込いただければ幸いです。

http://www.douzoku.info/セミナー情報/



ご協力お願いします。↓

ブログランキングのブログん家


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

テレビ放映を終えて

このブログも今回が97回目、記念すべき100回まで

カウントダウンとなりました。

テレビ放映を終えてこの2日間のこのブログへの

アクセス数は過去最高を記録しております。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/highlight/100_3.html


それだけにきちんとしたことを書かねば・・・

と思うと自分らしくないので、いつもどおり

徒然(つれづれ)と書こうと思います。



WBSの放送を終えた後、すぐにフェイスブックを通して

メッセージをお二人の方からいただきました。

どちらの方も番組の内容から、ご自身の事業・業務

今後へのお気持ちを新たにされるようなコメントが

あり、少しでもお役に立てたのならよかったなと

思った次第です。


その後も直接のアプローチは数件でしたが、

新たな出会いを感じさせていただける

ものがありました。

それも普通では接触することも

ないような方から(立場的、地域的に)の

メッセージをいただき、テレビの影響を感じざるを

得ませんでした。


中でも、番組中に小谷キャスター取り上げられていた

世界の長寿企業番付のフィリップに、その出典として

出られてました光産業創成大学院大学教授 後藤俊夫先生

からのメッセージにはとても驚きました。

先生からはこれを機会に交流をしましょうという

大変ありがたいお言葉もあり、とてもうれしく思いました。


今後この研究会活動が少しずつ広がり、やがて世界の長寿企業

との関わりまでもてるようになれば、これはこれで大変意義深い

ことかなと考えています。


直近3月18日(金)13時〜 京都の銘菓 本家西尾八ッ橋様への

訪問も迫っております。

ご興味をお持ちの方は以下のサイトにてチェックしていただき

ご参加を含めご検討いただければ幸いです。

http://www.douzoku.info/セミナー情報/




ご協力お願いします。↓

ブログランキングのブログん家


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks