京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

東日本大震災の現場に立って

7月の22日から24日まで2泊3日で被災地の宮城県南三陸町にある

阿部長商店様へボランティア講演に行ってきました。


現地の状況、被災者の方々の声、生活の様子、そして我々コンサルタントに

何ができるのかを確かめに行ってきました。


まず最初仙台空港に降りて空港ロビーに貼られていた写真が次の3枚です。



大津波の当時の凄まじさが伺えました。


次に講演の前後に被災された現場を車からでしたが、見ることができました。

ガレキの山があちこちに残っており、現地の方に復興の見込みは

いつ頃でしょうか。と尋ねても首を横に振るばかりでした。



ビデオでかなり撮ってきましたので、機会があれば上映会を場所を変え

やってみたいと思っています。その時に現地の方の切実な思いも

お話出来たらと思います。



次に阿部長商店様での講演セミナーの模様です。

同行していただいたヘイ・オン・ワイ代表の森敬典さんのセミナーで

私が住みたい家を描く場面が有りました。若い社員の絵を

見てください。将来宮城県が復興し自分の家を持つとしたら

こんな家と大変、夢一杯の絵を描いてくれました。

心はもう前を向いているようでした。

我が家我が家




受講されていた新入社員の方々です。仕事がないときは毎日8時間研修を

受けなければなりません。自分のためとはいえ、かなり大変だと思います。

それでも元気一杯の様子が嬉しかったです。

明るい新入社員




私の講演セミナーの目玉は2つありました。

一つは京都老舗の継続の秘訣を具体例をもってお話し、

これからの会社再建に向けて前向きな意識を持っていただこう

というものでした。

もう一つが、各人の人生を企画しましょう。ということで

一人ひとり人生企画書を書いていただきました。

いわゆる人生の計画書の作成です。

過去の出来事を振り返り、今の自分の反省点と改善点を自ら考えて

なりたい自分に向けて20年から50年(各自の年齢による)の

目標、行動を考えていただきました。次がその模様です。

人生企画書人生企画書

今まで自分の将来なんて具体的に紙に書いたことのない若い方から

第二の人生に向けてどうしていけばよいか思い悩んでおられるベテランの

方々まで皆で一緒に将来を考えていただきました。

今日一日は現実の辛い状況から解き放たれて、明るい未来を思う、

そんな一日になり、そして昨日までの自分と違い将来の夢にむかって

一歩一歩歩き出せる自分になってもらえたら、そんな思いで行った

講演セミナーでした。


従業員の皆さんにとって有意義な一日であったと思ってもらえたら

私どもも至上の喜びです。


同行し、一緒にセミナーをしてくださった森さんに感謝。

阿部長商店の女将をはじめ、事前準備等のお世話をいただいた小野寺さん

当日大変お世話になった伊藤さん、小松さん、その他の沢山のスタッフの

皆さん、本当にありがとうございました。

また機会があればお伺いしたいと思います。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村




 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2011-07 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks