京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

NHKの波及効果とビジネスチャンスの関連

NHKの放送はあくまで公益性の高いものであって、

商業ベースとは離れたところにありますよね。

--------------------------------------------------------

その証拠に、今回老舗企業へ2社、これから100年企業を

目指そうとする企業2社へ訪問しましたが、

その企業名をナレーションの方が話されることはなく、

個人名でお呼びになっておられました。

--------------------------------------------------------

画像としては看板は撮られていたので、

良く見れば企業名はわかるのですが、あえて

アピールするような撮り方はしてませんでした。


よって基本ビジネスチャンスは少ないといえるのでしょう。

--------------------------------------------------------

しかし今はネットの時代、ちょっとした一言でも

ネット上で検索をかければ、身元までたどり着くことも可能です。


実は私の場合も中小企業診断士 林 勇作とだけ紹介されていました。

ここから京都の老舗の話でしたので、京都の診断士で

おそらく京都の診断協会に加入しているだろうということから

そちらを検索され、大阪の診断士の方から

診断協会経由で私にお話がありました。

クライアントが話を聞きたいのでアポを取ってほしいということで。


またNHKの担当者のお名前が出ていたので、そこを通じて

京都の老舗の会のメンバーで龍谷大学の教授から

私にお電話ございました。私の研究会の活動に大変興味があるので

一度お話を聞かせてほしいということでした。


更に出演されていたウノフク様の所在地である豊岡の

青年会議所からおそらく私の名前で検索をかけて

弊社 ひろせ総研を探し、そこへ代表のメールアドレスに

私宛ということでメールが届いていました。

こちらは講演の依頼でした。

-----------------------------------------------------------

このように実際素性をそれほど明かさなくても、本人にたどり着く

この世の中は便利でもあり、常に人の目にさらされるリスクがある

ともいえるでしょう。

------------------------------------------------------------

よってNHKに出ること自体大変影響力のあることであり、

公益性を主張している割には、結構ビジネスチャンスに

恵まれる媒体であることが再認識できました。


またNHKの視聴率も、特に朝の7:45という時間帯は

通勤時間でもあり、家を出る方、見送る方が時計代わりに

テレビをつけるようで、結構高く、思わぬ人からテレビ出てたねと

声をかけていただいたように思います。

------------------------------------------------------------

社会的に意義のある活動ということで、

何度かテレビにも取り上げて

いただきましたが、本当の意味で困っている

若い経営者に、お役に立てるような内容の充実とともに

その広報活動に努めていきたいと思う今日この頃です。

------------------------------------------------------------



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村









NHKおはよう関西に出演しました。

本日25日の朝7:50頃、ついに3回目となります

テレビ出演をさせていただきました。


偶然つけていたテレビに、どっかで見た顔と思って

よく見ると私の顔だった。とご連絡いただいたり、

仕事でお会いしていた方が、帰り際に不意に

テレビ出てましたね。と声をお掛けいただいたり。

とさすがはNHKと思ってしまいました。


NHKの関西ローカルなのですが、

おはよう関西という番組で

中小企業の生き残り戦略 京都の老舗研究というような

タイトル、テーマで弊社の研究会

京都100年企業研究会が取り上げられました。

----------------------------------------------------

今回は、研究会の会員企業の後継者が

私と共に京都の老舗へ訪ね、老舗の経営者へ

直接質問をぶつけるという趣向で取材されました。

2社の老舗の方【山ばな 平八茶屋】【佐々木酒造】が

ご協力いただき、それぞれの立場でご質問にお答えいただきました。

--------------------------------------------------------------

未熟がゆえに守りの姿勢に入ってしまいがちな若き経営者に

守っては衰退の始まり、常に新しいことにチャレンジする気持ちが

大事です。時代に迎合することなく、時代に必要な企業たれと

操業430年の老舗料亭会長からメッセージを送っていただきました。


ここぞという時に一歩前に出ることができない後継者に

失敗から始まるチャレンジがあるとやってみなはれと

エールを送る老舗造り酒屋の若き継承者のお言葉もありました。

--------------------------------------------------------------

中小企業の活性化に対し、古くからある老舗が新たな挑戦を

すすめる光景は何か違和感を感じながら、これが元気な

老舗の秘訣なのだと感じざるを得ませんでした。


早速京都老舗の会(京都府山田知事の呼びかけで集まった老舗の会)

の世話人の龍谷大学教授からこの研究会の活動をお聞きしたいと

NHKを通じて連絡があり、お役に立てればと今度お会いすることと

なりました。テレビの影響力はすごいですね。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村







中国人経営者がトヨタ生産方式よりも知りたいこととは!!

最近名古屋の大学院での同級生として、その後も

様々な情報交換をさせていただいている方から

大変ありがたい、そしてこれからの行くべき道を

示唆してくれたあるメルマガを送っていただきました。

日経BPからのメルマガで読者数もかなりお持ちの

山田太郎さんという方のものでした。


山田さんは中国全土から中小企業の経営者を募集し、

これまで毎年日本の優良企業の工場見学等の

ツアーを企画され、引率されています。


そして今年のツアーで驚愕の事件が起こったのです。

名古屋のトヨタ、大阪の松下、京都の京セラなど

名だたる企業の視察に行かれていたときのこと、

ある中国人経営者が言った一言に自分の耳を

疑ったのでした。


「トヨタ生産方式の見学はもういいから、

100年以上も続いている日本に数多くある

老舗の見学に行き、その継続の秘訣が知りたい」

と言われたそうです。


今までそんなことは全くなかったので、

山田さんは大変驚かれたそうです。


彼らがいうのには、今中国では2年ぐらいで

倒産する企業が続出している。

長く続けたいのだがどうしたらいいのか

わからない。是非日本の老舗の経営者に

その秘訣を聞いてみたいというのです。


これまで京都の100年企業を中心に企業継続の秘訣を

聞き取り、まとめ、研究会で発表し続けていた私にとって

こんなところにもターゲットとなる方々がいたのかと

私も驚きでした。


今後できれば、中国の経営者向けに継続の秘訣をコラム化し

メルマガとして発信できればいいなと思っています。

またその集大成の電子書籍も制作し、運送費を必要としない

電子媒体で普及できれば大変面白いなと思っています。


着実に私の研究会も成果を出しているような気がいたします。

皆様のお陰様です。本当にありがとうございます。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村







これからの日本の生きる道を考える

今日夜のテレビ番組で、「日本の生きる道」というテーマで

放映されているのを見ました。

宮根さんと滝川クリステルさんがメインキャスターの番組です。

見られた方もいらしゃるでしょう。


今や経済産業省の一大施策として取り組まれている

『クールジャパン』… (ゲストの泉ピン子さんが

クールビズと間違ってましたが...)

意味合いはかっこいい日本ってとこでしょうか。

今はアニメやキャラクター、j-popアイドルなどが対象で

特にバーチャルアイドルの『初音(はつね)ミク』は

“リアル”に商機 関連消費100億円超 とまで

なってます。他に萌え系メイドのコスプレも

大人気だそうです。


結論として言いたかったのは、日本人があまり認識していない

コンテンツビジネスに日本の大きな資産が眠っており、

その一部が噴出し始めたと言うことでしょう。


以前麻生元総理が漫画ミュージアムを提唱されておられたこと

は記憶に新しいでしょう。

今思えばそれも非常に有効な政策だったと言えます。


だけど私は漫画やキャラクターだけが全てではないと

思っています。


これから中国をはじめとするアジアの経済発展に

必須の日本の最も重要な資産があります。

このコンテンツをいかに効果的に輸出していくか

私は考えています。

そうです。私の研究テーマである『企業継続』

京都100年企業研究会のノウハウそのものです。


企業は利益を上げるだけではダメです。

長く続けて従業員にも地域にもそして国家にも

貢献できる企業が増えなければ意味がありません。


その意味で国際貢献ができれば私は本望だと思っています。





ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村









 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2012-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks