京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

京都100年企業研究会事業化へ第一歩

今日は名古屋へ行ってきました。

2つの目的がありました。

〔掌轍阿隆覿箸亮卍垢範景泙離離Ε魯δ鷆〇業化に向けた
 打合せ、中国の政治経済界の大物との面談。

⌒描劵廛蹈妊紂璽梗膾鼎旅岷蕾餽峪佞箸靴

どちらも大変実りの多い時間でした。

--------------------------------------------------------

,任脇中の経済界での交流の場を設け、
私の提唱する京都100年企業の継続の秘訣を
現場で見て聞いて実感していただく中国企業視察団の
訪日ツアーが具体的になりました。
そしてその模様をテレビ東京系の未来世紀ジパングの
ディレクターから取材させてほしいというオファー
もいただいています。今度は全国ネットの1時間番組です。

△任狼都で実施しています京都100年企業研究会を
愛知でも名古屋100年企業研究会を
立ち上げてもらって、現在コラボさせて
いただいている神奈川県の創新塾
100年企業探究会と共に関西、東海、関東で
連携していこうという構想が現実化していく
予感がしています。

--------------------------------------------------------

結局上記の´△鬚弔覆合わせると
日本と中国との面と面のつながりが出来ていくと考えられます。

これぞ私が理想としてきた点と点⇒線と線⇒面と面への
展開そのものです。

--------------------------------------------------------

今やアジア圏では協調こそすれ、敵対視すべきでないと
私も考えていますし、中国の良識あるハイレベルの
経営者も考えているそうです。

逆に言うと日本の方が自由なようで目に見えないところで
マインドコントロールされ、不自由になっていると言います。

中国は危ない国、何されるかわからない国というイメージが
日本政府、アメリカ政府などから植えつけられて
いるというのです。

だから現場を見て聞いて一定のレベルの企業との連携を
模索することが日本の今後にとって必要なことなのだと
考えます。

--------------------------------------------------------

この流れは止まらない勢いです。

私も信念のおもむくままに精一杯頑張ってみようと
思った一日でした。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村











 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2012-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks