京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

あの餃子の王将もおもてなしの心を取り入れた!!

今回は私のお仕事でいつもご協力頂いている

ヘイ・オン・ワイ代表 森 敬典さんのメルマガを

読んだ感想ということでお送りします。

以下の記事をまずはお読みください。(一部途中省略しています)

---------------------------------------------------------------------

--keisuke mori wrote:
>よみたいときに よめば よゐ
>■■□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□■■
>  Daily K-Scale 1260  新しい王将。
>■■□□□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□□□□□■■
> デイリー・ケイスケール1260号          2012.05.20
>
> 天神橋筋2丁目の北の端、国道1号をはさんでにぎやかな3丁目
>に続くところに“餃子の王将”ができました。(中略)
>
> その天神橋2丁目の☆“餃子の王将”に行ってきました。(中略)

>
> 注文時は気がつかなかったのですが、料理をテーブルに運んでく

>るときに、ホール係のお姉さんの対応が、実にていねいなのです。

>トレーにのせられた定食をテーブルに置き終えると、「ごゆっくり、

>どうぞ」とゆっくりした口調であいさつしたあと、両手を腿の前辺

>りで重ねて45度のお辞儀をして持ち場(といっても3メートル先

>にある待機場ですが)に戻っていきました。


>
> “餃子の王将”といえば、“早い、安い、多い”が魅力で、てい

>ねいさとか上品さとかといったものは二の次にされているな、とい

>う印象があったので、彼女の対応には、とても驚かされました。こ

>れまでの“王将”なら、きっとホール係の人は「へい、お待ち!」

>なんて威勢のいい言葉を投げかけて、トレーをポーンとテーブルの

>上に置くないなや、そのたくましい腕に残された他のテーブルの料

>理たちを届けるために、さっそうと次のテーブルへと行ったことで

>しょう。でも、天神橋筋2丁目店のお姉さんは、ホテルの人のごと

>くゆっくりていねいに接客してくれるのです。


>
> これは、彼女自身が身につけたサービス業のワザなのでしょうか。

>それとも、天神橋筋2丁目店のマニュアルの賜物なのでしょうか。

>いや、王将の将来を見越した戦略なのでしょうか。
>


> いずれにしても、ちょっと違和感のある接客です。でも、嫌味の

>ない違和感なのです。新しいコトが生まれるときって、こんな違和

>感がともなうものなのではないか、とも思います。あのていねいな

>対応が当たり前になったとき、新しい“餃子の王将”が生まれてい

>るはずなのです。それまで、がんばれお姉さん。ぼくは、あなたの

>お客様を大切にしている対応を支持します。

---------------------------------------------------------------------

(私の感想)

今回の新しい餃子の王将について
大変興味深く読ませていただきました。

おそらく京都の王将なのでしょうね。
大阪王将も有りますから。

先日B級グルメの京都対決で
なんとなみいる強敵をけちらして
餃子の王将が優勝しました。

その時の作品が餃子ネタを加工し、
ハンバーグのパテとして使用した
ハンバーガーでした。

これまで餃子ネタの加工を一切認めなかった
王将が禁断のおきて破りを行い
作りだした作品ということで
とても驚きました。

王将にも時流と共に変えるべきものを
変えてきたのかと感じました。

---------------------------------------------------------------------

それに匹敵するほどの内容ですね。

おもてなしの心をあの王将が取り入れだした
ということは他の京料理の老舗も
おちおちしておれないかもしれませんね。

いつも面白いお話しご提供いただき
感謝しています。

またぜひお会いできる日を楽しみにしています。

PS.このネタの一部を私のブログにも
使わせていただいていいですか?

---------------------------------------------------------------------

感想で返信した内容をそのまま載せました。

その後転用OKのお返事をいただき、ここにアップしたという

次第です。

老舗の社長がよく言われます。守っていては衰退がはじまると。

時流に合わせて時代に求められる企業になるべきと。

今日はここで終わりにいたします。

最後までお読みいただき感謝いたします。


PS.森さんのメルマガを読みたいと思われた方は
以下のメールアドレスへお申し込みください。
keisuke.m@g-how.net



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村








 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2012-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks