京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

「100年企業を作る」とevernoteのCEO Phil Libin氏が語る。


「100年企業を作る」


EvernoteのPhil Libin氏が、「100年企業を作る」という構想を語っています。

Evernoteは、今や全世界で1,000万ユーザーを誇るまでになりました。そして、日本のユーザーはそのうちの200万人を占めます。日本は、Evernoteにとって最も重要な市場の一つといえるでしょう。しかし、日本はそういった営業的側面にとどまらず、Evernoteにとってもっともっと大事な価値を持っています。
先日、セコイアから5千万ドルの追加資金を調達した際にも語ったことですが、私はEvernoteを『100年続く企業』にしたいと考えています。私たちは、Evernoteを売却するようなEXITは全く考えていません。100年続く会社を育てる。それこそが目標です。今回調達した資金も、すべてはそのためです。
しかし、実は100年続くなどという目標を掲げる企業は、シリコンバレーでは非常に珍しい存在です。それを語る経営者もほとんどいません。しかし、Evernoteはユーザーの大切なデータや記憶を預かるサービスである以上、その事業を長く長く続けていく責務を負っているのです。
なぜ私がそう考えるに至ったか。その原点は、まさに日本にあります。日本では、むしろ100年続けるという目標を掲げる企業は決して少なくないのではないでしょうか。そう、私は、日本でそれを学んだのです。

http://blog.hitoshi.net/2011/07/100%E5%B9%B4%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B.html#


上記のブログサイトを偶然検索中に見つけました。

ある意味ショックでした。

今やいかに早く企業を育てて、いかに高く売り抜けて富を得るか
が最高のパフォーマンスのように語られているアメリカの
それもクラウドシステム(いわゆるWebサーバー)
で超有名なevernoteのCEOが
「100年企業を作る」語っていることに驚きました。

ちょうど1年ほど前の記事でしたが、もっと早く知っておれば
彼に面談を申し込んでいたのに…(笑)


しかし彼の言葉でその真意がよく理解できました。

顧客の立場で考えるとこのクラウドサービスがずっと続いてくれる
と信頼しているからこそ大事なデータを預けるわけで
すぐに潰れてしまう企業のクラウドは使わないでしょう。

それは至極当たり前なのですが、企業としてはそこまで
考えていないのではとつい思ってしまうことです。


このように顧客のために企業を長く続けていく事を
ビジョンとして掲げられる企業がこれから益々増えて
もらえるよう私としてもこの理念を生涯持ち続けていきたいと
改めて感じました。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村




 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2012-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks