京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

コンサルティングを分類するとどれだけの数になるのでしょう

今回のテーマはコンサルティング分類です。

なぜこのテーマかと言いますと、弊社の提携企業に
船井総研という全国規模のコンサルティングファームがあります。

そちらが日本で始めてコンサルティングのカタログを発刊しました。

以下その紹介文書を載せました。


『コンサルティングと一口にいっても、いったいどんな
コンサルティング商品がいくらくらいの価格でできるのか、
WEBサイトを見ても、セミナーに出ても、よく分からないと
いう声をよくいただいた。

そこで、お客様にも提案させていただいている
我々のコンサルティング商品のメニュー化、
及び価格の明確化に取り組んだ。

船井総研の450名のコンサルタントから、
出てきたコンサルティングメニュー
の総数は実に6000アイテムをゆうに超えていた。

その中からよく似た商品など整理できるものは整理して、
まとめ直したできたのが、船井総研
「コンサルティングメニューカタログ2010年度版」である。

それでも、6テーマ131業種で全3039商品にも及ぶ。

文字通り、コンサルティング会社で、
3000以上ものソリューションを分類して、
ひとつのカタログとして発刊したのは、船井総研が日本で始めてだ。』

ということです。

船井総研のHPに行けば、無料でいただけます。
但し390Pもあるものだそうで、WEB上で中身を見ることもできます。
ちらっと興味のある方は見てください。

http://www.funaisoken.co.jp/ad/catalog/digital/#page=1


まさにコンサルティングのオンパレードという感じです。

私が行っている

『100年企業を目指す経営者に贈る
企業継承ノウハウ提供コンサルティング』

http://douzoku.jimdo.com/


はなかったですね。
ONLY ONE といえるのでしょうか。

自分らしく精力的に頑張っていこうと
思っております。

ではまた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/12-0b590b5d

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks