京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

セミナー尽くしの一週間でした。

水曜と木曜は船井総研 経営戦略セミナー

金曜日は企画塾 最終プレゼン発表会

土曜日は日創研 北大阪経営研究会 野村元楽天監督のセミナー
とセミナー三昧の週でした。

全てを詳細に語るのは無理なので、私の心に響いた言葉を
ここで綴りたいと思います。(3部構成で綴ります)

〜グ譱躙Α々眦莠卍
これからは超ローコスト戦略ではなく、超コンパクト戦略
一つ一つは小さくてもフル装備のもの(住宅等)へシフトする。

ターゲットは中規模・大規模企業ではなく割合として増え続けている
零細企業を狙う。それは誰ももうからないと手を出さなかった領域だから。

一橋大学大学院教授 楠木建
企業戦略のゴールは 長期利益にある。[100年企業にも通じます]

F本旅行 部長 平田進也
高いものを売るにはこつがある。
この人から買いたいと思わせられたら勝ち。
そのために「ほどこし」の気持ち→「程を超す」で行く。
常に130%、give and giveで奉仕する。
心を結んだ時、喜びを感じていただいているとき契約成立する。
商品を売るのではなく夢を売る。
ファンがファンを呼びファンクラブ2万人超え。

ちグ譱躙小山会長
富裕層も中流層もまた低所得者層も今は贅選の時代
贅沢もこだわりのあるもの、必要なものを選んで
求めるようになった→贅選の時代

特に低所得者層の贅選は「一点豪華主義」
何か一つだけいいものを持ちたい。
そこで24万のローレックスを24回払いローン販売(金利手数料なし)
一回1万円でOKとなれば買う人も沢山いる。

チグ譱躙上席コンサルタント岩崎剛幸
2011.3.11は歴史的な価値観の転換点
使用欲→知的向上欲へ 金をかけるものが自己啓発にシフト
安く買えればいい→地域が潤うように金を使う
自分のものとして購入→みんなで使えるものをシェアする
個人的満足を高めるために使う→誰かとの絆を深めるために使う
有名企業のものだから買う→信頼できる・安心できる企業から買う
消費することに満足→自ら創造する・参加できる人になる

エコ・ロハスを包括した概念「エシカル」消費が時代のキーワード
エシカル:地球や環境、人間に対して優しい、思いやりのある
商品やサービスを指す。


次に続く・・・・


下は日本旅行の平田部長とのツーショット
平田氏から長寿企業も跡取りがだんだんだらしなくなっているので
しっかりと教育してやってほしいと励まされました。
有り難うございます。







ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/135-48fd8576

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks