京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

中国CCTVの取材を受けて感じたこと2

前回に引き続き、CCTVの取材について…


私が感じたところでは老舗の強みはそうした状況にもしっかり

出ており、次の3つに集約されるように感じました。

_甬遒らの資産の蓄積である不動産をしっかり持っていて

それが担保となり、副収入となっているパターン。

∀景泪屮薀鵐鼻経営者の信頼度、長期的ビジョンと計画書

こうした目に見えない無形の資産が銀行に対する絶大なる

信頼となって、多少の資金難にも銀行は見放すことは

なかった。

2燭茲蠅蘯分の器以上に企業を拡大しようとはしない

謙虚さがバブルなどに踊らされずに現在に至っていると

考えられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の老舗の中には大変な苦難、経営危機を迎えたところも

有りましたが、周りの方々の支援を受けることができ、

再度新規事業に取り組み、再出発されたところも有りました。

これもまた、昔からの信頼、信用がそうした支援を呼び、

再チャレンジのチャンスを与えてくれたということでしょう。



中国の放送内容、またその反響がどのようなものかを

楽しみにしております。

おそらく年内のどこかで放映されるということ

ですので、放映されればリンクをはって皆様にも

お知らせいたします。

3〜5分の特集が3〜4本流されるようです。

乞うご期待!!






ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/147-8b2c8e24

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks