京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

中国CCTV2のナレーションを翻訳しました。

前回その映像をご紹介しました 中国CCTV2での放映につきまして、

そのナレーションを翻訳していただきましたのでご紹介します。

翻訳して下さったのは、FBでお知り合いになりました、

花田 秀娟様です。大変お忙しい中ご厚意で翻訳して

下さいました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

直訳部分で多少意訳させていただいたり、数字の部分で

放送局側のミスがありましたので、そこは修正させていただきました。

しかし大変わかりやすく翻訳して下さったので

放送局の意図は十分通じると思います。

3部作でしたので、順次ご紹介させていただきます。


http://jingji.cntv.cn/20111221/126280.shtml


(ナレーション翻訳文)
「株式会社中村軒のようなひたすら規模拡大をせずに経営する会社は
非常に一般的である。
日本の京都に100年歴史を持つ中小企業が1,000社を超える。
そのほとんどは日本の伝統産業が経営している。しかし、金融危機の
影響を受け、その一部の企業は財政の圧力を緩めるため、やむをえず
店舗を閉鎖し、規模縮小を行った。
中村亮太氏は伝統和菓子を作る120余年の歴史を持つ中村軒の4代目。
このような伝統の和菓子は日本で非常に人気があるが、
洋菓子の発展スピードが速く、そしてギフト用の消費量が大幅に
減少した。
しかしこの店は古くからの優良な顧客に守られて、本店を中心に
各地の百貨店に売り場を広げている。
同じ100年歴史を持つ、線香を作る徳泉堂のオーナー北西恒忠は
こう記者に語った。日本の西洋化により、伝統な線香の消費が年々に
縮小し、徳泉堂のような小規模の店舗は、その線香生産を彼と
叔父の二人のみで行われている。
国内消費の縮小に直面している中、京都の中小企業の大半は
拡大志向を持たず、銀行から借り入れも最小限にとどめて、
経営をしている。

但し、専門家(中小企業診断士 京都100年企業主宰者 林勇作氏)の
意見によると、100年歴史を持つ企業は非常に高いブランド力と品質を
持っているため、金融機関に一番信用される素質があるが、
ほとんどの企業は積極的に事業拡大を探らず、借り入れを行わず、
身の丈にあった経営で現在の陣地を堅守する。
その一方、今回取り上げた企業は別として、借り入れ起こさざるを
得ない企業は過去の過剰投資などが足を引っ張っている場合が多く、
財務の健全性は低いといわざるを得ない。
日本の金融機関は頭を悩むところである。」

次回は京都老舗料亭 南禅寺瓢亭様、山ばな平八茶屋様です。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村







コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/152-dfb9a42b

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks