京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

日本理化学工業株式会社会長の大山泰弘様のインタビューから

カンブリア宮殿、そして、渋沢栄一賞、
あのベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」
でも紹介された、日本理化学工業株式会社会長の
大山泰弘さんのインタビュー画像をご紹介します。

http://youtu.be/m_xkLzxqWcY

障害者が従業員の大半という
日本理化学工業株式会社は様々なメディアに
取り上げられ、みなさんも良くご存知かと思います。

その会長の大山康弘さんのインタビューを見ることが
でき、その内容に大変共感できるものがありましたので
ご紹介したいと思います。

‐祿下圓鮖愼海垢觀鮠鐚圓離泪諭璽献磧爾砲弔い
障害者の従業員がうまく仕事が出来ないとき
それはうまくできるように指導や環境を整備しない
マネージャーが悪いんだ。という話があり、
それを踏まえて、このことは一般の企業でも
全く当てはまることである。
部下が上手く仕事ができないと嘆く上司は多いが
それは実は上司の指導が悪かったり、仕組み作りが
悪かったりするのだ。という。

▲船隋璽を作る当社において
物がチョークだから障害者が働けるのだという人がいる。
だからパイオニアの最先端商品の下請けを引き受け
それを障害者でこなした。

なんとも意味深いお言葉ですね。

本物の経営者の言葉に耳を傾けることで
自分もそれに近づけ、目標に近づけるように
感じます。


今回の画像は
わたしがいつも購読させていただいています
ビジョネットの山口さんのメルマガで知りました。
ビジョネットホームページ http://www.visionet.jp/
大変いいメルマガですのでよかったら見てください。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村








コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/161-09b72f3d

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks