京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

これからの日本の生きる道を考える

今日夜のテレビ番組で、「日本の生きる道」というテーマで

放映されているのを見ました。

宮根さんと滝川クリステルさんがメインキャスターの番組です。

見られた方もいらしゃるでしょう。


今や経済産業省の一大施策として取り組まれている

『クールジャパン』… (ゲストの泉ピン子さんが

クールビズと間違ってましたが...)

意味合いはかっこいい日本ってとこでしょうか。

今はアニメやキャラクター、j-popアイドルなどが対象で

特にバーチャルアイドルの『初音(はつね)ミク』は

“リアル”に商機 関連消費100億円超 とまで

なってます。他に萌え系メイドのコスプレも

大人気だそうです。


結論として言いたかったのは、日本人があまり認識していない

コンテンツビジネスに日本の大きな資産が眠っており、

その一部が噴出し始めたと言うことでしょう。


以前麻生元総理が漫画ミュージアムを提唱されておられたこと

は記憶に新しいでしょう。

今思えばそれも非常に有効な政策だったと言えます。


だけど私は漫画やキャラクターだけが全てではないと

思っています。


これから中国をはじめとするアジアの経済発展に

必須の日本の最も重要な資産があります。

このコンテンツをいかに効果的に輸出していくか

私は考えています。

そうです。私の研究テーマである『企業継続』

京都100年企業研究会のノウハウそのものです。


企業は利益を上げるだけではダメです。

長く続けて従業員にも地域にもそして国家にも

貢献できる企業が増えなければ意味がありません。


その意味で国際貢献ができれば私は本望だと思っています。





ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村









コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/162-0e1db48e

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks