京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

ロープレ研修企画書作ってみました。

今回クライアント先の要望もあり、
営業職の方向けの商談スキル向上の一環として
ロールプレイング研修を行うことになりました。

ビジネスマナーも第一印象を決めるという点で
非常に重要な部分を占めるということから
最初にビジネスマナーの講師をお招きし
講義、実習を行った後、ロープレ研修を行います。


ご存知の方も多いと思いますが、ロープレとは
例えば今回の場合はセールスマン役と販売見込み先の
責任者役を決め、その商談の場を企業内で演じてみる
ものです。ただ準備段階から本格的に進めて、
本番さながらの雰囲気を出し、周りには社長・管理職
はじめ従業員が見守る中、演じるわけですから、
かなりのプレッシャーを感じながら行われます。

業務の一環での研修ですから、遊びでないことは
当然ですが、ある意味自身の営業力を評価される
という意味も含まれています。

その効果としては

「学習効果として
ロールプレイングでは、それぞれの役割遂行を媒介として、
人と人とがお互いに対応する場面を通して、
次のようなことを学習することが期待できます。
1.相手の考えや感情の動きをつかむことのむずかしさ。
2.相手の話を完全に聞き取ることのむずかしさ。
3.傾聴と共感の重要性。
4.やりとりを通して状況が変化することをつかむ。
5.自分の言動の特徴をつかむ。
6.自発的で柔軟性のある行動がとれる。

実際に自分自身で、所定の役割を演じることにより、
納得の度合いも高くなり、受講者の態度変容に大きな効果が期待できます。
そのため、一つのテーマの講義が終了した後、
理解の確認と言動への変化を期待してロールプレイングを
実施することがよくあります。
また、受講者の参加意欲向上のためにも効果的です。」

と一般的に言われています。

私は進行役とインストラクター役ですので
ある意味気楽ですが、実際演じられる方は
前の夜寝れないほどの緊張感を感じられるのでは
ないかと多少お気の毒にも感じます。

次の土曜日楽しみです。

また結果報告します。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/21-8876b503

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks