京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

確定申告追い込み時期突入

今日は3月8日月曜日です。

世間では確定申告の時期として、個人事業主の方や
サラリーマンの方が確定申告に必死になっています。

私の職場も母体は税理士事務所のため、従業員のほぼ全員が
確定申告に何かしら関わっており、夜遅くまで働いています。

私もコンサル中心でありながら、昔からのお客様の確定申告の
チェックなどを少しはしております。

この1週間は半々ぐらいの時間のかけ方になるでしょうか。

年々税務から遠ざかっている感があり、新しい税制についていくのが
精一杯といったところでしょうか。

証券税制が今年は大きく変わり、株式で損を出した方が、
今までは他に利益の出た株の売買がない限り、損益通算は
出来ませんでしたが、今年から上場株式の配当や証券投資信託
の普通配当などが通算できることになり、先に引かれた源泉分を
取り戻せることが出来るようになりました。

損出しした方には朗報です。

私のコンサルの2本柱として税務財務会計をを中心とした
財務改善コンサルが在ります。資金繰り計画を作成し、
将来のキャッシュフローを予測し、事前に対策すると言うものから
資金調達のための銀行に対する経営計画書を実態に即して作成し、
銀行に納得の上で資金を出させることもしています。

もう一つは
後継者に対する教育支援として理念の構築浸透、人材育成スキーム
新規事業立ち上げ支援を行っています。

しかしその中に老舗企業に受け継がれた継続のためのノウハウを
しっかりつぎ込んで、100年企業を目指していただけるよう
ご指導したいと考えています。


脈絡のない文章になり、申し訳ございません。

ではまた。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/29-d18dfd59

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks