京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

昨日の黄砂・・単なる自然現象でしょうか?

久しぶりの3連休で、仕事無しの休みがとれました。
ということで今日のブログは仕事関係から離れた話題に
したいと思います。
(野口先生の書籍に関するコメントは次回へ延期します。
 すいません)

20日土曜日、自家用車の洗車をしました。

21日日曜日、家族でドライブ、長嶋温泉の方へ行ってきました。

その日の帰りに愛車に乗り込もうとすると、見るも無残、黄砂のために
黒い車体が無数の白い斑点で全面塗装されたかのようになっていました。

昔から黄砂という言葉も聞いていましたし、
時々その影響が取りざたされているのも
知っていました。

しかしここまでわが身に感じられる現象はそれほどなかったように
思います。

黄砂とは単なる自然現象で済まされるものなのでしょうか。
昨日、今日とガソリンスタンドや街中の洗車場は黄砂にまみれた
車の長蛇の列です。

そこで少し調べてみました。

【環境庁からの報告】
黄砂は単なる季節的な気象現象から、森林減少、土地の劣化、
砂漠化といった人為的影響による環境問題として認識が高まって
いるとともに、越境する環境問題としても注目が高まりつつあります。

黄砂粒子の分析からは、土壌起源ではないと考えられるアンモニウム
イオン、硫酸イオン、硝酸イオンなども検出され、輸送途中で人為起源の
大気汚染物質を取り込んでいる可能性も示唆されています。



つまり単なる自然現象から人為的影響をも伴う環境問題となり、輸送途中で
人為起源の大気汚染物質を取り込んでいる、もはや温暖化に近い地球破壊
の現象とも成ってきていると言えるのではないでしょうか。

黄砂による健康障害、病気などもこれから新たに増えるかもしれません。

これは考えすぎでしょうが、気流を操作して自然災害に見せかけた
戦争行為に利用される、ってことはないでしょうね。

環境省のサイトから黄砂の影響が全国的に分かるところがありますが、
地域的にはそれほどでもないところがあるようなので、
このブログをお読みの方で、ふーん そうなの 程度に感じられる
方もいらしゃるでしょうが、明日は我が身 いつその被害が
皆さんの周りで起こるかもしれません。

これからどうなる地球・・・



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/32-b4a750ff

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks