京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

ワールドカップ 日本代表に想う

昨日は本当に残念でした。

PKでの1点差での負けは日本人なら誰でも悔しいと同時に、
よくやった日本代表と思っていることだろう。

勝負の世界は勝つか負けるか、最後まできっちりと決める。
それが潔さであるし、後にも残らない。
明日に向かって次の目標が出来ると思う。



ビジネスでは、特に日本の企業では三方よしを尊ぶ。
自分も、仕入先も、顧客も、世間までも皆が良い状態が
ベストとされる。
長寿企業はそれをかたくなに守ってきた。


このことが悪いとは決して思わない。
100か0かの世界がビジネスの場面ではあまり重要では無い。
次の展開、継続するビジネスが必要とされる。


安定、平和、共存共栄 このことと勝負の厳しさとは
相容れないのだろうか。
私はそうは思わない。
昨日の日本代表の負けたあとの表情は
厳しさだけでない何かしら幸せな感情が表れていたように思う。

厳しさの中に安らぎがあるのではないかと思う。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/61-a174fe9c

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks