京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

関西名経営者の歴史をめぐるバスツアーず能回

3.京セラファインセラミック館・美術館
本日最後の訪問先となる京セラファインセラミック館・
美術館へは、交通事情もあり20分遅れての到着となった。
到着前に電話で断りを入れたのだが、
そのときの対応については最初にお話したとおり、
一流の一流たるを物語るものであった。
大変丁寧にお迎えいただき、こちらが出来る精一杯のことを
させていただくとおしゃっていただいたとおり、
普段は付かないガイド役として中尾様から詳細に
ご解説いただいた。

鹿児島出身の稲盛さんが経営にあたるための信念を
表す言葉として、同郷の西郷隆盛の言葉「敬天愛人」
がある。天を敬い、人を愛すると言葉通りの意味だが、
そこから京セラフィロソフィーが生まれた。
『人間として何が正しいか』を原則的な判断基準として
全社員へ徹底しているところは、我々中小企業に身を
置く者として、是非見習いたいところである。

この博物館で感じたことは、京セラが創業当初から
携わっていたファインセラミックというものには
無限の可能性が秘められているなということだった。
といのもこの材料から造り出された部品はあまりにも
幅広く、今の生活に欠かせない電化製品にはほとんど
入っていると言っても過言ではない。
テレビ、パソコン、携帯電話、いわゆる電子制御される
ものにはすべてどこかに入っていると言える。
このファインセラミックに着目し、開発を続けた稲盛氏の
先見の明には驚嘆せざるを得ない。



この博物館でもう一つ目を引いたのが、太陽電池パネル
である。稲盛氏はオイルショックの時期からエネルギー源
を石油に頼るのをやめて、太陽エネルギーを活用しようと
仲間を集めて研究を始めた。
40年以上前の話である。その間石油エネルギー枯渇説が
薄れゆく中で研究仲間の企業が次々と離れていき、
ついに京セラのみとなった。
それでも信念を曲げず、研究をやり抜いた彼は本物の
経営者であり、真のエコノミストであったと言えよう。
現在、京セラの太陽光パネルは経済的事情により
電気の通らない途上国や地理的な問題で電線の引けない
中国の奥地などの場所に寄贈をしたり、普及活動を行い、
電気のある便利な生活を世界各国に広めているとのことだ。
京セラの社会貢献は世界にまで広く及ぶ。


【医師が太陽電池でつくられた電気で保冷庫を冷やし、
薬剤を運ぶ様子を示す】

1階には美術館があった。ピカソの版画が300以上
展示され、日本画平山郁夫氏の「平等院」や、
東山魁夷氏の「山霧幽玄」など通常ならば美術館へ
有料で見に行かなければならないものが、無料公開されている。
文化芸術の面でも社会貢献の輪が拡がっているのだ。

更に学術(先端技術、基礎科学、思想・芸術)活動に多大なる
貢献した方を表彰する「京都賞」は今年で26年目になり、
多くの方を表彰している。こうした支援活動にも積極的である。

これらの活動は大企業だから、資金があるからできるのではなく、
社会貢献に対する強い想いがあるからこそできるのであり、
これは中小企業でもできる範囲でのお手伝いをするという
想いがあれば何かしらできるのだということを気づかせて頂いた。

以上3社の訪問を通して感じたこと、気づいたこと、
学んだことを書かせていただいた。

お世話いただいた3社のご担当の皆様、
ご参加いただいたメンバーの皆様には
感謝申し上げる。

何よりもこのような素晴らしい博物館を我々に
ご提供いただいた3社の企業、その心を創った偉大な
経営者の方々に心から感謝申し上げる。

平成22年11月28日

株式会社 ひろせ総研 
中小企業診断士 林 勇作




ご協力お願いします。↓

ブログランキングのブログん家


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/93-c8fa9968

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks