京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

新しいビジネスモデル実験中!! 経営コンサルタント編最終

経営コンサルタントが行う事業が最近厳しいと聞く。

報酬をまともに払えないクライアントが一番困っているからだろう。

しかしここで新しいビジネスモデルを立ち上げ、
クライアントもコンサルタントもお互いが納得し、
それぞれに利益の上がるようにしたいと考えている。

全2回その前提を書かせていただいた。

・私の研究会を情報のるつぼとする。

・お互い学び、教えることができる環境作りを行う。

・お互いニーズがあえば事業として組む

以上3つがそのコンセプトであるが、
具体的にどうするかというと、
それほど難しいものではない。

私自身母体の税理士法人の顧客ネットワークがある。
更にこの数年間で開拓してきたコンサルティングの
クライアント(見込みも含め)も30〜40名に達した。

またMBA大学院の同窓生や先輩・後輩との交流会もできた。
中小企業診断士の協会であらゆる分野のコンサルタントの方と
知り合い、一緒に勉強したり、仕事させていただいている。

この経営者側の方とコンサル側の方々を私の次世代経営者研究会で
マッチングしていこうと考えている。

経営者の方々もそれぞれの業種において、スペシャリストである。

そういう意味ではすべての方が何かしら人にレクチャーできる
ものを持っていると考えてよい。

時には講師となり、その他のときは学ぶ側となり
その中で情報交換会も催す。

メリット(経営者)
異業種交流会に経営のスペシャリストが加わり、具体的に問題に対する
解決策が得られる場としていきたい。

メリット(参加コンサルタント)
得意分野をレクチャーできる場をもてる。収入も入る。
弱い部分について学ぶことができる。それも現場の指導者から。

メリット(ひろせ総研)
会費も講師とした場合と学ぶ側とした場合で区別するが、一定額は
いただくことになる。

全て良しということでこのモデルを実践したいと思う。




ご協力お願いします。↓

ブログランキングのブログん家


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/98-b2908b22

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks