京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

2011年の幕開けです。今年はいい年になりそうです。

明けましておめでとう御座います。

2011年 卯年 が始まりました。


昨年は皆様のお陰でこのブログを続けてこれました。
87回、ブログを発信させていただきました。

今年初めのこのブログがなんと末広がりの88回目となります。
いい年になりそうです。
今年もよろしくお願いいたします。


さて今年の日本はどうなるのでしょうか。

このことについて年頭でもありますし、
経済面、社会面、日々の生活の面でどうなるのかを
推測してみたいと思います。

第1回目として今回は経済面を見てみようと思います。

経済面:様々な評論家が色々な見解を出しています。
書店に並んでいる横積み(ベストセラー)のものの題名は
日本経済が復活するというものが多くなっています。

そうしなければ売れないというのもあるのかもしれませんが、
事実その可能性も出てきています。

例えば、昨年の末に発行され、各界の著名人からの
絶賛の評価を受けた
菅下清廣著 「新しい富の作り方」にもこうあります。

要約しますと、

「FRB(米連邦準備制度理事会)が市場に供給する50兆円もの
ドルマネーがドルマネーバブルを引き起こし、
世界的なバブルとなるだろう。
そのため、2011年の春には日本株は底入れし、
大きく上昇する可能性が高まっている。

ドルの復活、ドル買い円売りにより、円高が止まることが、
すなわち、日本株が世界の投機筋から、売り対象から
はずされることになり、世界的に最安値圏にある日本株は
一気に上昇する。」

というのです。

確かに日本を除く、新興国、欧米をはじめとした世界の市場で
景気の上昇トレンドが感じられると言われています。
日本は出遅れ感が強いとの印象です。

これは1つの意見です。しかし世界の市場を知り尽くした方の
意見ということで一考の価値はあるかもしれません。

投資は自らの判断で、自己責任の上で行うことが原則です。

さあ、皆さんはどう考えますか。




ご協力お願いします。↓

ブログランキングのブログん家


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/99-ccb46fbc

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks