京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

球技と個人技スポーツの違い

京都市の中学バスケットボール春季大会を観てきました。

息子は山科中学に通い、男子バスケ部に所属しています。

昨日今日と春季大会に出場し、見事3位となりました。

といっても息子はまだ2年になったばかりで、応援が主ですが・・・

-------------------------------------------------------------------

私は学生時代スポーツをこよなく愛しておりましたが、

どちらかというと球技より個人技の種目がメインでした。

剣道、柔道、水泳と球を使うものは、少年野球ぐらいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------

しかし球技はある種、感動を呼びますね。チームワークが

最も重要であるということが、個人技スポーツとの大きな違いです。

だから人のために自ら犠牲になるとか、アシストすることが

美徳であったりというところなど、そのけなげな姿勢に共感を覚え、

最後に勝ったときには出場していなかった選手も一体となって

心から喜べるものなのでしょう。応援している我々もまた同様に。

-------------------------------------------------------------------

昨日の試合は中盤まで最高11点負けていました。

最終クオーターに入り、コーチの一言が火をつけたのか

3点シュートが連続で決まりだし、相手のシュートはことごとく

外れ、見る見るうちに追いつき逆転し、勝ったのです。


ドラマでもない限り、こんな劇的な勝利は珍しいと思うのですが、

目の前で実際行われたのだから、感動せざるを得ません。

選手、控えの選手、応援の選手、コーチや応援していた保護者が

一体となる瞬間と言えるでしょう。

-------------------------------------------------------------------

仕事にもこんな感動の瞬間を感じることができたら、

どれほどモチベーションが上がることでしょう。

そのために必要なものは何か…

きっと日ごろの地道な努力の積み重ねなのでしょうか。


毎日遅くまでコーチの怒鳴り声に耐えながら、汗だくになっている

子供たちを見ていると、山を登る辛さがあって初めて

頂上からの景色に感動できるのと同じなのでしょうね。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村








京都マラソン ゴール付近で応援してきました。

今日3月11日は日本の人のみならず世界中の人が

忘れない東日本大震災の日であり、その日に亡くなった

方々18000人余り、今なお行方不明3000人余りの冥福を

祈るため、京都では初めての市民フルマラソンが

行われました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は走ることは全然ダメで、応援のために岡崎にある

フィニッシュライン:ゴールの近くで声援を送っておりました。

職場からも1名参加したのですが、惜しくも途中リタイアとの

ことでした。それでもこの確定申告の忙しい中、練習もほとんど

できない中、半分の21キロを走ったそうですので大奮闘と

言えるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴール付近は本当に色々なドラマが見れます。

走りきった満足感いっぱいでラストスパートを切る選手。

痛い足を引きずりながらも懸命にゴールへ向かう選手。

数名の仲間とお互いの頑張りをねぎらうように手をつないで
ゴールする選手たち。

制限時間最後30秒で全力でゴールを切る選手。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴール付近で実況中継していたKBSラジオやαステーションの

DJの声が、沿道を覆い尽くす応援者の方々の声が

応援歌のように響いていたことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タレントの方々も沢山出場されていました。

私がカメラで収められたのは森脇健児さんでした。

ほぼ同い年だと思うのですが、その表情は若々しく

羨ましい限りです。

なにか自分にもやれると勇気をいただいたマラソン大会

初観戦でした。



京都マラソンを走る森脇健児さん。ゴール間近です。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村








とってもあなたの為になる2つのお話です。


http://attax-sales.jp/tokuten/book01.html

このサイトを先ずご紹介いたします。

横山信弘という方をご存知でしょうか。

この方の紹介文には次のようなくだりがあります。

「横山信弘
アタックス・セールス・アソシエイツ取締役副社長。
1969年、名古屋市生まれ。90年、独立系大手のITベンダーに入社。
97年、日立製作所に転じる。
35歳まで営業経験すらないSEが、5年後、大手メガバンクの
支店長クラス100名を研修するまでに。
いまや年間100回以上のセミナーは5000名超の経営者/マネジャーを
集め、常に満員御礼。企業研修は基本的に価格がつけられず、「時価」。
それでも研修依頼はあとを絶たず、向こう8か月先まで予約は埋まっている。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方の書籍を読んでみようと思ったきっかけは

「なくす」「まかせる」「短くする」で一気に業務改善!
営業日報は100%必要ない。

今日から会議は「2週間に1回30分」だけにしなさい。

この2つのフレーズでした。

ご興味を持たれた方は一度上記サイトをクリックしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう1つのお話は、

全く新しい思考の弊社次世代経営者研究会を開催いたします。

というお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある画期的な健康器具「血管美人」を発明開発され、現在

販売促進活動中の あっと株式会社の社長をお招きし、

その商品説明、実演をしていただきます。

また現在の販売状況やこの商品に対する反応、

この関連業界の外部状況などの情報提供をしていただきます。

ここまでなら新商品の説明会か、ってことですが、

ここからが本番です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加者の皆さんに経営企画書を作成していただきます。

つまりこの商品を題材にあなたが社長ならどんな企画書を

作成しますかということです。

その際、CTPTマーケティングを提唱する高橋憲行氏の企画塾で

実践したノウハウをレクチャーしたうえで作成していただきます。

参加者それぞれの業界はバラバラですがそれが良いのです。

あらゆる角度から1つの大変ユニークな商品をアピールする

企画を作成し、皆で最後に情報共有し、社長に提案する。

この経験を次は自社の経営企画書に生かしていただけるというのが

最終的な目的です。

是非ご参加の申込をお願いします。

日時:平成23年12月17日(土)
   13:00〜17;30 その後懇親会を開催いたします。

場所:〒602-8155 京都市上京区主税町827(二条城西北角)
   株式会社 ひろせ総研 地下会議室

会費:正会員は月会費に含まれます
   準会員は31500円
   既参加一般52500円
   但し初回参加者 無料招待 (懇親会費5000円のみ当日徴収)

詳しくは http://www.douzoku.info/ にご案内パンフ 申込書が
ございます。ご確認下さい。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

月に一度5S活動しています。

4月ごろから私の事務所では5S活動に取り組んでいます。

サービス業で5S活動って???

って感じの方もいらしゃるかもしれません。

ご存知の通り5Sというのは 整理 整頓 清潔 清掃 躾の

ことです。

ここでそれぞれの意味ややり方をご披露するつもりはございません。
ご興味のある方はこちらまで→ http://www.bizup.jp/member/netjarnal/repo_k59.pdf

元々は工場の生産性向上の手法として取り入れられて来たのは
有名な話です。

最近ではものづくりの現場でなくても、効率アップのために
取り入れられているのは確かです。


例えば
資料などもの探しに費やす時間は、一日のうちでどれくらいでしょう。

結構塵も積もればで、1時間程度は費やしているようです。

いるものといらないものが区分され、あるべきところにきちんと
置いてあり、その状態が経常的に保たれているのであれば、
もの探しの時間は劇的に減少するという考え方です。
その分他の仕事に時間が割け、成果につながることになります。

今日も名古屋から大津たまみ先生と古橋麻美先生をお招きしました。
第5回目となる今日のメニューは自分の財布の中身と机の周りの
整理整頓の実践編でした。

意外と財布の中身は不要物のオンパレードで整理しますと
財布が軽くなったような気がしました。

軽いのはお金は持ち歩かない方だからです…と
強がりを言ってみました(笑)


基本的なことで、いつもは子供に言っている「早く片付けなさい」
という様なことなんですよね。

皆さんも先ずはご自身の財布と机の中身、机の周りから不要物を
捨て、すっきりしてみませんか。

これも京都100年研究会の理念とする「企業継続」と同じように
続ける事が重要であることを先生より学びました。

ではまた。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

当たり前が当たり前の世界に生きていて

最近いろいろな方のお話を聴く機会があります。
あえて聴きに行こうと意識しているともいえます。

こんな時代、どんな話が求められているのか、
こんなことを話すと受けるのかとか、
自分が話す立場になったとして、勉強させてもらってます。



最近2人の方が 「当たり前」のことについて
話しておられました。

一人は「オール1から高校教師になった宮本延春氏
もう一人は船井総研のコンサルタント岩崎氏

言い方は違っても言っている内容は近いと思いました。


前者は今の子は何でも与えられて当たり前、何不自由なく
自分のことだけ考えて生きていけばそれなりに何とか
なる、と考えている。更になんか変わったことがないかなと
心待ちにしているという現実があります。

後者は、被災地の生徒の話を聞いていると
平凡な毎日がなんと素晴らしいことかと
いう感想が聞こえてきます。
同じ日本、年代でも差が出ています。
という趣旨のことをおっしゃいます。

それでっということで、二人の講演者は口をそろえて
こう言います。

有難うという言葉をもっと意識して使うべきだと。

有難うは当たり前の反対語である、なぜなら当たり前の
反対語は当たり前じゃない→めったにないこと→有りにくいこと
→有難いとなるからだ。と説明されていました。

返事を全て有難うとすることで、気付きが生まれるとのこと。

例えば ○○君宿題やってきたか→有難うございます。(この先生は
自分のことを気にして声をかけてくださった)と考えると
普段うるさいと思っていた一言に気付きが生まれるのです。

言われて決して嫌でない言葉、言えばお互いに気持ち良くなれる言葉、

出来るだけ1日の中で5回以上この言葉「有難う」を使うようにと
提言されました。

私もやってみたいと思います。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

«  | HOME |  »

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks