京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

中小企業診断士として公的な機関と連携すること

毎月中小企業診断士の京都支部において
経営承継研究会の会議に参加しています。

本日その会議があったのですが、
今年の計画を立て、役員会に提出する。というのが
今日のテーマでした。

診断士のベテランの先生方に混じり
入会1年目の私があれこれ意見を出すのは
なかなかおこがましくて出来ないのですが、
最後にそのチャンスが回ってきました。

支部として独自で主催するシリーズ物のセミナーを
企画するということが決まったのですが、
どういった内容にするか、また誰が作成するのか、
いつまでにということが決まっていなかったので、
そのテーマについて発言しました。

私が今やっている自分の研究会は、
100年企業を目指すために
必要なノウハウを実際の100年超継続企業から
学び、自社の事業・社風に合ったものを
取り入れることを提案しています。
そこから引継ぐべきものを明確にし、
後継者育成と共に、スムースな企業継承を
お手伝いすることが最終ゴールです。

そこで100年企業の訪問、調査、研究、執筆が
先ずは私の当面のテーマとなっています。

その研究テーマを細分化し、セミナーとして
企画できないかということを申し上げました。

最終的に私が企画をまかされることになり、
支部の会員の皆様に支持され、最終的に
研究会で個別企業をコンサルし、収益を得るところまで
行ければ最高だなと思っています。

私は色々な方々にチャンスを与えていただき、
本当に幸せだなとつくづく感じています。

頑張ります。

今年の目標目指して。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

新年明けて、今年に挑むことは

前回に書いた抱負をもう少し掘り下げてみたい。

100年企業を目指す中小企業に
実際創業100年を超える企業の実態、そこにある理念、家訓などから
生きた教訓を提供し、さらに自社に合った取り入れ方をアドバイスしていく。

そこには企業継承という大きな関門を如何にクリアしていくかということ
が重要な課題であるため、そこに最も大きなウェイトを置き、
3つの継承すべき事項について、言及していくことがその手法である。
[3つとは 経営理念、企業実態(人材、事業、資金)、企業支配権(株式)]

これが私が目指すコンサルティングの骨子である。

しかし、若干44歳で起業経験もなく、思いだけが人一倍だが、いかんせん
情報源も限られた中で、そんな大それたことを自分一人の力だけでできる
とは思っていない。おこがましいことであろう。

そこで、広くネットを利用して、全国に同じようなテーマで研究・実践されて
いるコンサルタントの方々、研究機関、また実際長寿企業として実践を
積んでこられている企業に対し、情報提供を協力・提携していくことで、
全国的なネットワークにできればということを考えている。


今特に中小企業は存亡の危機に立たされている。

同業者をライバルと見て、敵対するのではなく、連携・協力体制をとって
1つの組織体として行動すべき時である。

(大企業の合併がそうであるように)

そのためにはそれをコーディネートする人間・組織が必要である。


その一役を担えれば本当にこの仕事を選んでよかったと思えるであろう。

そこで前回の抱負につながってくる。

すなわち、


ネットワーク組織を広げて、

まずはその規模を10人から100人に

していきたい


ということである。


そのようなことを考え、今年を迎えた。

一企業のコンサルタントが持つ野望(?)としては

桁が大きすぎることかもしれないが

自分のできることを限界を設けずにやっていきたいと考えている。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

今年一発目の書き込みです

2010年、今年も始まりましたね。


(私は旧年中に父と祖母を亡くしましたので
喪中ということで新年のご挨拶は控えさせていただきます。)

本年もよろしくお願いします。


何事にも最初が肝心と言います。

今日から仕事始めですので、是非、皆様にも今年の
抱負を語っていただきたいなと思います。

とはいってもまずは自分からですよね。


昨年は色々な意味で出会いと別れの多い年でした。
特にこれからのことを考えると出会いは大切に
と思っています。
(別れは心の中にしみじみと持っておきたいです)

自分という人間を様々な媒体を使って知っていただこうと
努力しました。
HPの作成、ブログの開始、セミナーDMを何千通と
自分のプロフィールとともにお送りさせていただきました。

そこから自分と同じ思いを持つ日本の各地にの方とも
お会いし、またネットを通じてお知り合いになれました。

そこから100年企業を目指す企業にとってなくてはならない
秘訣について情報交換できるパイプもできました。



決して商売敵とは思っておりません。

日本を再活性化するためにこの仕事は一人ではできません。
助け合いながら、よりよくしていきたいと思っています。


そこで私の今年の抱負は


「100年企業を目指す企業へ向けての

メッセージをあらゆる媒体を使って

送り続け、今年の終わりまでに

そのネットワークが100人規模に

なるようにする」



とさせていただきます。

今はまだ10人程度ですが、10倍のネットワーク組織にしていくこと
ということになります。

またその経緯は随時この場所でお知らせしていきます。

1月3日現在10人 スタート



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

«  | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-01 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks