京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

100年企業になるための3つの仮説

本日は前回に引き続き
100年企業になるための3つの仮説 第2回目です。

この3つの秘訣は、私がこれまで100年企業について調査、研究してきた
中で導き出された3つの仮説です。
仮説といっても、実際の老舗企業の経営者からの直接のお言葉、または
講演会で聞いた話、インタビューをまとめられた書籍、ビデオなどから
得たもので根拠、信憑性はかなり高いものと自負しております。

ただ私自身が実証、検証し、実感してみて初めて、本当の秘訣になると
考えています。そのため仮説と言っているわけです。

では始めましょう。

「こうありたい会社の有り姿を常に心に描き、10年後、20年後の当社が
そうなっているために必要な人財を育てている。」

一企業を背負う長として進むべき方向を従業員に明確に伝え導くことは
責務である。
そして次世代を担う同じ志を持つ者たちを自ら育てていくことも
責務である。

その両方を達成するために、日頃から自らを律し、率先して範となる
行動を示すこと。このことが自然とその身のこなしから感じられる
ように行えているか。

例えば、誰よりも早く来社し、おはようをトップ自ら声をかけ、
退社は全社員にご苦労さまの声を掛けてから最後に帰る。
この基本的な行動が従業員に挨拶の重要性を気付かせ、
会社全体が活性化するであろう。

例えば、経営者が会社を公器のものとしてとらえ、公私混同を避ける
ことで、社内の風紀は正され、不正は一掃する。規則で縛るより
最も効果のある方法であろう。

例えば、自分の夢を追うよりも、皆の夢の実現に手助けをする。
自分の利益を得ることよりも、他人の困りごとに手を貸してあげる。
そんな経営者のもとで働ける従業員はいつしか他人のために働き、
社会のために働く人に育つであろう。
自利利他の精神が会社も社会も明るく、元気にする。

以上

では次回へ続きます。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

100年企業になるための3つの仮説

今日から3回に分けて
100年企業になるための3つの仮説を
1つずつ解きほぐしてみたいと思います。

最初に
これまで直接お聞きした100年企業の社長の言葉や
100年企業の社長セミナーでの講演から得たこと。
書籍に取り上げられた100年企業のインタビュー記事や
ドキュメンタリーテレビ番組で100年企業が取り上げられたもの。
さらに、数多くの先人達が老舗企業を研究し、まとめられた
研究書や論文、書籍まで様々なところでそれらは
光り輝いていました。

私なりに調べ、悩み、思考してきた過程で(まだまだ途半ばですが)
3つの仮説が浮かび上がってきました。

それらの検証と実践を繰り返していくことで、真実に近づいていくものと
確信し、これらの内容を100年継続企業を目指す中小企業の経営者、
次世代の経営者である後継者の方々に伝え、真にそのような企業になって
いただくために応援していきたいと考えています。


1つ目
「変えるべきことと残すべきものを明確に区分し実践すること」

私が思うに、目に見えるものは変えるべきものであり、
目に見えないもの(心眼でのみ見えるもの)は残すべきものである。

目に見えるものとは:商品、提供しているサービス、店構え、業態(売り方)
目に見えないものとは:理念、信用、品質、真心、業種(当社は何屋か)
と考えている。

目に見えるものは時代背景や人の趣味、趣向、暮らしの有り方に合わせ、
変えていかなければならない。
しかし目に見えないものは、いつの時代にも変わらず、人の存在意義を示す
普遍的なものであり、当社が社会に対し貢献すべきことを示している。

変えるべきものはしっかりと時代を掴み、人の心を掴み、必要性を先取りして
(シーズを捉えて)変えているか。
残すべきものをしっかりと従業員全体が共有し、判断の拠り所とし、
あたかもその目に見えないものが看板にでも掲げられているか如く、
存在感をしっかりと持っているか。

このことを1つ1つ実際に企業内に置き換えてどこまで実践されているかを
質問し、気付いていただくことから私のコンサルは始まる。

続きは次回にて。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村



日本創新党の日本の基本理念に想う。

「100年企業を目指す企業を応援します」

という同じ想いをもった神奈川の創新塾・創新ネットの
代表取締役 斎藤様とは今後の活動の中で協力し合いましょうと
誓い合った仲です。(恐れ多いことですが)

斎藤さんのブログを時々読ませていただいておりますが、
その中に日本創新党の代表幹事 中田宏氏(前横浜市市長)の
ことが書いてありました。

中田氏はマスコミでもよく取り上げられ、話題の人となっている
方ですが、創新塾の25期生であったと知りました。

今年の4月に杉並区区長の山田宏氏が代表として創設された
日本創新党の中心人物として 代表幹事となっています。

私はこの新党のことはよく知りませんでしたが、
これを機会にいろいろと調べ、勉強してみようかと
いう気になりました。

その理由は3つあります。

〜録圭里梁棺寮犬箸靴董⇔ち上げた新党の名前を
日本創新党としたこと。

△修陵念の中に 日本の基本理念というものがあり、
それが「100年企業」を研究する者にとって、大変興味深い
内容であること。⇒ ひとの幸(さきわ)う国 という言葉
は初めて聞きました。
http://www.nippon-soushin.jp/about/philosophy.html



C翕鳥瓩眦泙梁緝住嚇鳥瓩盍慇招从竸佑鯊緝修垢訃床執之助が創設した
松下政経塾の塾生でもあったこと。

山田氏の著作「日本よい国構想」を読んでみます。
政治家の考え方を学ぶことも経営に大きく影響すると思います。

ではまた。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

南郷のパラダイスが大賑わい!!

GW真っ最中の日曜日、京都は快晴に恵まれ、行楽日和でした。

名神高速は大渋滞でしたが、意外と国道1号線はスイスイと
行けました。

滋賀県の南郷というところにある南郷水産センターという
パラダイスへ行ってきました。

探偵ナイトスクープで小枝探偵が恒例として
調査している「パラダイス」というテーマがありますが、
実際、彼が訪ね放送されたという
肝いりのパラダイスなのです。

日頃はほとんど人がいないというところですが、
GWに限ってはすごい人込みで、係の人も
慣れない人込みの対応でフウフウ言ってました。

そこでニジマスの餌釣りをやっており、
釣れた分はさばいて塩焼きにしてくれるという
サービスをしています。

釣りもよっぽど普段餌をもらていないのか
入れ食い状態とはこのことでしょう。
一瞬にして、餌を見事に何度もとられるほど
卓越した技を持つニジマス達と格闘の上、
30分ほどで4匹連れました。

静かにじっと待つという釣り本来の絵とは程遠い
悲鳴と歓喜の声が入り混じった修羅場と化していました。

料金も入場料大人400円、子供200円
竿100円、買い取り100グラム150円 塩焼き1匹100円と
大変リーズナブルで、とっても美味しくいただきました。
下の写真は釣ったニジマスを炭火焼にしているところ。




骨だけ残して綺麗にいただきました。
これだけきれいに食べればニジマスも
本望でしょう。(と勝手に思っている)





良かったら一度行ってみてください。

身近に費用をかけず、自然を体感でき、気持ちもおなかも
充実できるスポットがあるのですね。

安近気腹・充実

これから流行るレジャーの一面を垣間見た気がしました。



ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

«  | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks