京都100年企業研究会 生き残り経営支援

京都の100年企業の現場から学んだ秘訣をもとに、これから100年を目指して頑張っている企業の経営者・後継者の支援を行っています中小企業診断士の林勇作です。実績重視のご提案がモットーです。

東洋経済新報社の編集者よりオファーあり! 

ついに書壇デビューか!!

ちょっと(どころかかなり)気が早いと思うのですが、

出版社の方からオファーをいただき、先日出張先の

新横浜で編集者の方とお会いしました。


お電話の声で想像した通り

お若くて美人の方でした。

担当した書籍も数多く

年に8冊ほど出版されているとのことでした。


出版なんてまだまだ先のことと安穏としていたのですが、

担当の方との話をするうち、なんとなくですがイメージが

濃くなってきたような気がしました。


京都の老舗のお当主のお話の中から、企業継続のエッセンスを

取り出して、その内容を中小企業の社長、後継者にお伝えし、

自社に取り込んでいただき、100年企業になりましょうという

お手伝いをさせてもらっている「京都100年企業研究会」。

この活動にご興味を持っていただいたようです。


これから1,2か月かけて、更に10社ほど京都100年企業を

個別に、知り合いのコピーライターの方とご訪問し、

お話をお聞きする予定でおります。


本としては面白いエピソードやためになるお言葉や思いを

ストーリー性のある読み物にして、誰でもが気軽に読めて

ときには笑い、ときには涙し、ときには考えさせられる

そんなものにできればいいなと思っています。


そんなに難しいことではないと思っています。

なぜなら老舗のご当主のお話はまさに人生そのもの、

笑、涙、悩みの連続だからです。


年内発行を目標に、京都老舗のの方々、編集者の方、協力者の方に

お世話になりながらも作り上げてみたいと思っています。


最後に編集者の方の怖い一言

「編集会議で企画書を検討した結果 “ボツ”といわれることも

ありますので…」


それだけは勘弁して下さい。




ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


ブログランキングのブログん家


にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://super100yearscompany.dtiblog.com/tb.php/120-4eb02a3c

 | HOME | 

Appendix

中小企業診断士 林 勇作

中小企業診断士 林 勇作

日本の将来特に経済はどうなるのだろう。もやもやとした不安感に取りつかれながら考えました。優秀な企業のDNAを引き継ぎまだまだ日本もやれるというところを見せるため、私の人生を賭けてみよう。次世代経営者研究会を立ち上げたきっかけでした。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks